直噴エンジンのしくみ

| 未分類 |

以前からのガソリンエンジンでは、燃料を気体化し空気と合わせた混合気をシリンダー内に送る手法が採用されていましたが、直噴エンジンとは高圧化した燃料を直接シリンダー内に噴射する筒内噴射と呼ばれる手法を採用したエンジンのことを言います。

 

混合器を使用する方法では燃料のロスが大きいために燃焼効率が悪く燃費が犠牲になっていましたが、直接噴射することで最適な燃焼噴射量を実現できるというメリットがあります。

kodomo03_l

直噴ではエンジンでは理想的な空燃比を実現できるため、燃料消費量が少なくできるというメリットがあるのです。

 

ガソリンを気体化するには気温との関係からロスする部分が大きいという問題があります。

 

気温の高い時は効率良く気体化することが可能ですが、気温が低くなると気体化せずに水滴化するために燃料消費量が多くなるというデメリットがあるのです。

 

直噴では高圧化した燃料を空燃比に合わせて噴射することが可能ですから、効率良く燃料を使用することができるのです。

 

直噴はメーカーごとに名称が異なりますが、リーンバーンエンジンと言う呼び方があります。リーンバーンとは理想よりも薄い空燃比で燃焼している状態ですから、燃料消費量が少なく燃費が良い状態となるのです。