インジェクター(燃料噴射装置)

| 未分類 |

自動車のエンジンを動かすための仕組みは実に複雑なパーツ類で構成されていますが、その中でもガソリン等をエンジンに送るためのパーツである燃料噴射装置は、必要不可欠なものとして知られています。

 

比較的年式の古い自動車に用いられている燃料噴射装置はキャブレターと呼ばれているものがあります。

 

キャブレターは機械式で構成されており、燃料を車種によって予め設定されている分量を霧状にして噴射を行うものです。papa01_l

 

近年の新しい自動車の場合では、キャブレターに代わってインジェクターと呼ばれるパーツが用いられています。

 

キャブレターとの違いは電子制御を行っており、安定した燃料の供給を可能としているものになります。

 

かつて使用されてきたキャブレターの場合では、気温や天候によって状態が左右されることがあり、つまりも発生してしまうことがありました。

 

しかし、電子制御のシステムが主流になってからは、エンジンの始動が比較的簡単になり、天候などに左右されることなく作動することになります。

 

また、特別なメンテナンスを施すことを必要としないこともメリットとされており、どのような環境下であっても同じ機能を発揮するために、自動車を常にスムーズに走行させることが可能になります。