エンジンの構造の違い

| 未分類 |

車という乗り物は、今の私たちの生活には欠かせないものとなっています。私たち人間が移動する能力を、車は遙かに超えた能力によって、様々な移動を支えてくれている乗り物です。その車には必ず動力源を持ち、それが発する動力によって動かされているのです。

 
譜面01その動力源となるものが原動機です。これはエンジンとも呼ばれるのですが、現代の車に絶対的に搭載されている部品でもあります。過去からの様々な経験から、様々なタイプの原動機が開発されてきました。原動機には、必ず燃料が必要になります。その燃料の種類によって、まずは原動機の種類も大きく変わるのです。主にその燃料となる種類は2種類あります。ガソリンと軽油です。これらの燃料の種類によって、原動機も大きく2種類に分類されるのです。
更にガソリンを燃料とする原動機につきましては、各自動車メーカーが独自に開発したものが販売されてもいます。一般的に使われているタイプは直列構造のものです。ピストンが直列に配列されており、排気量によって気筒数も変化します。これがV型になったり、水平対向型、或いはロータリー型のようなタイプの構造へとも変化してきました。

 
それぞれに特徴があり、それを売りとしてメーカーは車を生産しているのです。