エンジン装置の仕組みと役割

| 未分類 |

そもそもエンジンというのは仕組みを細かい部分まで説明するとかなり長くなり、一度勉強しただけではなかなか覚えられないくらい奥が深いものなのですが簡単に言うとエンジンとは人間の体で言うところの心臓にあたる部分になります。

 

車が走ることを人間の生きることに置き換えると、エンジンが動いてないと何もできませんよね。

 

エンジンというのはそれほど重要な役割を担っています。

 

omocha_lエンジン装置には、シリンダヘッド、カムグランドピストン、カムシャフト、呼気バルブ、OHC、OHV、SV、クラッシュハイト、行程内径比、行程容積など、と内容は割愛しますが、このようにたくさんの要素が集まって構成されています。

 

主な2種類のエンジンの仕組みを大まかに説明すると、ガソリンエンジンの場合、まず燃料をシリンダ内に吸い込ませ、次にピストンで強く圧縮します。

 

そして電気火花で点火し燃焼爆発させて、更に新しい混合ガスを吸い込ませる、これを繰り返して動力を生み出しています。

 

これに比べてディーゼルエンジンの場合は、まずシリンダ内に空気だけを吸い込んで、圧縮し、その中に燃料である軽油を噴射して、最後に自然着火で爆発、これを繰り返して動力を生み出しています。