ターボチャージャーとスーパーチャージャーはどちらも過給装置を指します。
本来はスーパーチャージャーといえば過給装置全体を指す言葉でしたが、現在では機械式のものを「スーパー」、
ターボ式のものを「ターボ」と言われることが非常に多くなっています。
それではこの二つの違いについて解説をしていきます。

まずはターボ式ですが、エンジンから廃棄されていた排気ガスを利用してタービンを回転させることにより、
その回転力で空気を圧縮してそれをエンジン内に送り込みます。そうすることにより、本来の内燃機関の、mama01_l
吸気量を越える吸入、爆発を起こすことができ、本来の排気量以上の出力を得ることができる仕組です。
そして、排気ガスを利用するため、動作するまでに若干時間がかかると言った特徴を持っています。

次にスーパーチャージャーですが、これは機械式と呼ばれるようにエンジンのパワーを利用して、
コンプレッサーを作動させ空気を圧縮しそれをエンジンに供給することで出力を得る仕組になっています。
そのため、ターボ式と異なり作動前の時間が短いと言ったメリットがありますが、エンジンのパワーを利用して、
コンプレッサーを作動させているため、その分エンジンパワーをロスしてしまうと言った欠点があります。

どちらも同じ過給装置ではありますが、両者にはこのような違いがあるのです。